UberEATSを使ってみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。 hafoc です。

最近五反田へ週一で研修に行っていて、その際にモノはためしとばかりUberEATS を利用してみました。

UberEATS、残念ながら今のところはサービスエリアが狭く、弊社のある西新宿は対象エリア外なのですが、研修先の五反田はギリギリ範囲に入っているのです。

しかもいまだとおトクな初回限定2,000円プロモコードコードもあるということで、ふだん手を出すことのない高級ハンバーガーを注文してみました。利用したのは 10月13日です。

導入から注文まで

まず Android Play ストアから UberEATS アプリをスマートフォンにインストールし、アカウント作成、クレジットカード情報の登録を済ませます。

次に配送先を指定。今回は五反田の研修先の住所とビル名を登録しました。

続いてプロモコードを入手します。UberEATSについてググってみると、2,000円割引のプロモコードについての情報が各処に出ているので、そのコードを入力してプロモコードを入手します。
プロモコードは入手しているものが勝手に使われる仕様のようで、注文の途中でプロモコードを「使う」「使わない」を選択することはありませんでした。

プロモコードを入手したらいよいよ注文。現在の時点では五反田から選択できるお店はだいぶ少なくなりますが、今回はふだん手を出すことのない高級ハンバーガーを注文してみました。

screenshot_2016-10-13-13-30-40

プロモコードの割引上限ぎりぎりの価格、全部乗せのアルティメットバーガーを選択。無事割引が適用されて全額割引され、支払ゼロになりました。

注文から届くまで

screenshot_2016-10-13-12-58-04 screenshot_2016-10-13-13-11-42

注文すると、到着時刻の推定が表示されます。最初表示された配達予想時刻は 13:28 でしたが、やがて 13:16 → 13:15 と大幅に繰り上がりました。
スマートフォンの画面上の地図には配達担当者の現在位置が表示され、それが刻一刻とこちらに近づいてくるところが期待感をそそります。

ビル入り口で待っていると、13:15ピッタリに黒い大きな箱を背負った自転車の人がスマートフォン片手に現れました。お声掛けしてこちらのスマートフォンの注文画面を見せ、注文番号を照合したあと、品物をうけとります。

決済はクレジットカードで済んでいるので、この場での金銭授受はありません。

img_20161013_131754

高級ハンバーガー、おいしかったです。

注意点

以上のようにUberEATSはたいへん便利なサービスなのですが、ひとつだけ注意すべき点として「届く時刻を指定することができない」点があります。

昼休みの時間が決まった時間枠に固定されている場合は、その枠のあいだにうまく到着するよう、注文のタイミングについてよくよく計画を練らなければなりません。昼休みに入ってから注文したのでは、届いたころには休み時間が終わってしまっているリスクがあります。

なので、時間が自由になる自由業や裁量労働制のサラリーマンでなければ、平日の昼休みに使うのは難しいかもしれません。

私が五反田で受けている研修の昼休みは 13:00 ~ 14:00 なのですが、今回私は午前の研修が終わる前、12:50ごろにこっそり注文を確定させました(ごめんなさい)。

いちおう注文時に各店舗ごとに想定所要時間が表示されてはいるのですが、”28~40min” といった表記で幅があり、正確に時間を読むのは難しそうです。

あるいは、休日に対象エリア内に出かけたときに利用するのも良さそうです。

私からは以上です。ではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。