Amazon Drive Unlimited Storage(co.jp版)をマウントしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年7月20日、Amazon.co.jpよりAmazon Driveの容量無制限版を提供開始されました。

https://www.amazon.co.jp/clouddrive/home

Amazon.comでは提供されていたのですが、Amazon.co.jpでは提供されていなかったんですねー。

年額13800円だから、月額1150円。

S3だったら300GBちょっとのストレージ容量ですね。

3ヶ月は無料期間ですので、試しに使ってみようかなと。


使い方

まずは通常の使い方。

 

1.アカウントが無い方は、アカウントを作成してクレジットカードを登録します

2.作成したアカウントでポータルサイトにログインします

amazondrive001

3.Amazon Driveアプリをダウンロードし、インストールしてください

4.インストールが終わるとAmazon Driveアプリが立ち上がるので、先ほどのアカウントでログインします

amazondrive002

5.どのフォルダ、ファイルをアップロードするか聞かれるので、選択してすぐにアップロードができます
※画像・動画・ドキュメントファイルと書いてありますが、exeだろうがzipだろうがアップロードできました

amazondrive003

amazondrive004

5.ダウンロードもamazondrive004同様に、アプリからファイルをすぐにダウンロードできます

amazondrive005 amazondrive006

6.設定画面、送受信の帯域を制限できて嬉しい

amazondrive008 amazondrive009

7.もちろんブラウザからもアップロードもダウンロードもできます

amazondrive011

8.検索もシンプルで使いやすい

amazondrive010

以上のように、シンプルな作りの使いやすいサービスです。


番外編

こっからは番外編。

Amazon Driveをパソコンにマウントします。

 

【必要なもの】

 

1.まずはライブラリをインストール(DokanInstall_0.8.0.exe)

amazondrive012

2.必要な場合は、VCランタイムをインストールしてください

amazondrive015

3.インストール終わったら、本体をインストール(ACDDokanNetInstaller.msi)

4.インストールが終わるとACD Dokan.Netが立ち上がるので、マウントドライブを選択し、「Mount」をクリック

amazondrive020

5.マウントされ、アップロードしたファイルがネットワークドライブのように使えます
注意:画像・動画・ドキュメントファイル以外をアップロードすると、何故かフリーズします!

amazondrive021

6.100TBの表示、胸熱ですなぁ。

amazondrive022

7.DOSプロンプトで表示させたら、桁数が笑える

amazondrive023

3ヶ月無料なので、是非お試しください!


追記

追記:EC2に乗っかるのでアレやコレや妄想可能

EC2

ちなみに、OSが64bitだから、Visual C++ Runtime 2015の64bit版をインストールしても

vcruntime140.dllが無いよーって怒られる。

ググったら32bit版をインストールしないとダメらしい。

 

外国人に英語で話しかけたら日本語で答えられた気分。

 

 


更に追記

 

一週間使ってみました。

データをガンガン送ると、エラー吐きまくってガンガン落ちる。

他のツールも使ってみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 通りすがり より:

    US版なら年間$60ですのでそちらを使われてはいかがでしょうか?

    アプリインストール時にシステムロケール(場所)を「米国」にしておけばAmazon.comにつながるようになります。
    一回ログイン状態にしてしまえば、場所を元に戻してもログイン状態は維持できます。

    1. がせ より:

      おお、US版はお安いんですね!?
      早速調べてみます、情報ありがとうございます!

コメントを残す