グダる操作デモは動画にしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セミナー等でAWSの操作デモをやる機会が増えてきました。

操作の度にちょっとした「待ち時間」が発生してしまいます。

そこを上手くトークで繋げないと、一気にグダっちゃいますよねー。。。

 

【待ち時間が多い】

AWSのEC2インスタンスの操作をすると、インスタンスの停止で1分、

ディスクのデタッチで1分、インスタンスの起動で5分・・・

何かする度に「待ち時間」が発生するのです。

PC88のRPGかよ。 ロードス島戦記かよ!

 

【トークを回避】

待ち時間はトークで埋めればいいんじゃ、って言われるけど無理!

ガンダムとかマクロスの話ならずっとできるけど、仕事の話を3分以上したら死んじゃう!

だから動画を作ります。

 

【用意する動画ソフト】

まずはデスクトップの操作を録画する必要があるので、「デスクトップキャプチャ」というソフトウェアをダウンロードします。

 

Bandicam

定番ソフトですね、高性能です。

無料版では動画にロゴが入ったり、10分までの動画しか取れない、等の制限が付きます。

社外セミナー等でロゴが入ってたらかっこ悪いですねぇ。

今回は無料でやりたいのでパース!

 

Game DVR

Windows10に付属の標準で使える画面キャプチャーソフトです。

Windows10というより、XBoxアプリに入っていて、ゲーム画面のキャプチャを目的にしています。

なので、グラフィック性能がそこそこ無いと動きません。

というか、使ってるPCがWindows7なので未対応! はい次!

 

ロイロゲームレコーダー

機能は少ないけど、動作が軽い。

フリーなのに高画質でロゴも入らない!

シンプルイズベスト! 君に決めた!!

 

【録画中】

操作を間違えたりすると編集箇所が増えるので、間違えないようにしましょう。

編集箇所を意識しながら録画ができるようになったら、あなたも立派なユーチューバー。

 

【編集ソフト】

なんかもう色々あるけどWindowsムービーメーカーでいいや!

必要最低限の操作ができるしね・・・。

 

【完成】

字幕の付け方とかを参考にしながら作成しました。

 

【デモ実施】

さて、動画を流してみました。(Youtubeにアップした動画ではなく、ローカルデータで)

 

うーん・・・。

 

サクサク進むのは良いですね。

でも操作説明を言い間違えるとフォローする間もなく

動画に置いていかれて・・・

 

グダグダ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す