「Zabbix + LAMP + Webmin Monitoring Solution Powered by Sain3」を立ててみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんこんにちは、おてらです。

今回はZabbixサーバが必要になったので前々から気になっていた、Amazon Marketplaceにあった「Zabbix + LAMP + Webmin Monitoring Solution Powered by Sain3」を立ててみました。

もう既に運用している方にとってはあまり有益な記事ではないと思いますが、これからZabbixサーバをAWSで立てたいと思っている方は是非参考にしてみてください。

インスタンスの作成

マネジメントコンソールにログインし、EC2からMarketplaceへ移動します。

zabbix」で検索すると以下のようにヒットしますのでこちらを選択してポチポチポチとインスタンスを作成します。

2016-06-14_10h22_56

 

これで作成されるインスタンスのOSなどの情報は以下の通りです。(2016/6/13時点)

OS Ubuntu 14.04.4 LTS
Zabbix 3.0.3
Apache 2.4.7
PHP 5.5.9

 

インスタンスの準備

インスタンスの作成が完了すると、既にZabbixが利用できる状態で作成されています。ありがたい。

ただ、当然タイムゾーンはUTC、言語設定はUSになっているので、JSTに合わせるなり、日本語化するなりしておきます。

タイムゾーンの設定

タイムゾーンを日本に設定します。

# タイムゾーン設定
timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
# 設定確認
timedatectl
Local time: Fri 2015-10-25 16:37:36 JST
Universal time: Fri 2015-10-25 07:37:36 UTC
RTC time: Fri 2015-10-25 16:37:36
Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

日本語化

ubuntuの日本語化を行います。

日本語関連パッケージのインストール

aptitude -y install language-pack-ja-base language-pack-ja ibus-mozc

システムの文字セットを日本語に変更

update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"
source /etc/default/locale
echo $LANG

ja_JP.UTF-8 # 変更された

passwd      # 試しに何かしてみる
新しいUNIXパスワードを入力してください: # 日本語になっている

 

これでタイムゾーンも言語設定も日本の環境になりました。

Zabbixにログイン

それではZabbixにログインします。

http://{EC2のホスト名}/zabbix

でログイン画面にアクセスします。

Zabbixのデフォルトのログイン情報は「Admin」と「zabbix」というのが定石ですが、このAMIでインスタンスを作成した場合は違います。これで私結構ハマりました。AMIの詳細を見れば書いてあったんですけどね^^;

デフォルトのログイン情報

Username Admin
Password EC2のインスタンスID

なんとパスワードはこのC2のインスタンスIDが自動で設定される仕組みになっているんです。すごい。

というわけでマネジメントコンソールからインスタンスIDを確認してログインします。

2016-06-14_10h24_29

 

ログイン後は画面を日本語化しましょう。

画面右上の人型のアイコンをクリックし、設定画面に移動します。

2016-06-14_10h25_38

 

続いて「Language」を「ja_JP」に変更し、「Update」を実行します。

2016-06-14_10h26_51

 

これで日本語化が完了です。

2016-06-14_13h18_45

 

終わりに

あとはお好きなように監視対象ホストを登録していけばOKです。

インスタンスを作成してちょっと日本語環境にローカライズするだけでZabbixサーバを立てることが出来てしまいました。非常に簡単ですね!

 

オンプレのZabbixをAWSへ移行させたい場合やこれからZabbixサーバの構築を検討している人は、このAMIを使って構築してみてはいかがでしょうか。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す