AWS

Amazon Connectで遊んでみた

つい先日、もう3週間ほど経つのですが、メチャクチャ酷いぎっくり腰をやってしまいました。西洋では『魔女の一撃』と言われるそうですが、まさにそんな感じでした。魔女狩りしなければ!
夜中の2時ころに、娘が泣いている声で目が覚めたのですが、ロフトベッド(こんなの)で嘔吐していました。とりあえず片付けようとトイレットペーパーで拭いていたのですが、紙を取って拭こうとして上を向いた瞬間!突然の腰の強烈な痛みにもんどりうってぶっ倒れてしまいました。
痛みがものすごく、20分ほどはは30秒~1分くらい毎に訪れる周期的な痛みに耐えきれず、「ああああああぁぁぁぁぁえええええぇぇぇぇぇぇ~~~~くぁwせdrftgyふじこふじこ!」と叫ぶ始末。その後も痛みのために微動だに出来ず、1時間程叫びつづけました。
この日は3月にしてはとても冷え込んでいて、外気温は0度ほど。娘のケアは妻に引き継いだので、とりあえずストーブをつけてもらって、毛布をかぶせてもらい、朝までそのままの姿勢で過ごすことになりました。朝までウトウトはしていましたが、寝れたのか寝れなかったのかよく分かりません…
問題は排泄でした。朝になって自分の身体の可動範囲を探りつつ、1時間ほどで何とか四足でトイレまで這って行くことが出来ることが分かったので、ギリギリで事なきを得ました。
ちなみに、その後は鍼灸(針)で人権を取り戻し、今はもう軽くランニングが出来る程度には回復しましたが、会社のデスクでは普通のイスに替わって背もたれの無い丸椅子で仕事をしています。これが腰が一番楽なんです。

皆さんも突然のぎっくり腰には気を付けてくださいね!

さて、今日はちょっと社内の会議で話題に上がったAmazon Connectをいじってみたいと思います。

続きを読む

国産OSSの簡易Web DB構築システム『プリザンター』を使ってみた(インストール編)

最近、会社で紅茶をよく飲んでいるばっしーです。

先日、打合せの合間に時間が空いてしまったのでPRONTOで時間をつぶしたのですが、そのときに注文した『グリーン ルイボス フルーツティー』というドリンクが滅茶苦茶美味しくて、はまってしまいました。

↓これです

続きを読む

AWSでDockerコンテナを起動してみた

今年は大雪に火山噴火、更にインフルエンザ大流行など、年始から一気に災いが襲っている日本列島ですが、ここまで一気に天変地異などが起きたりすると、なにかの呪いとか、あるいはモノノケの類にでも襲われているのではないかと思ってしまいますよね。そんな中、元気にスキーに行って一日中モーグルコースを滑り込んで、全身筋肉中になっているばっしーです。

さて、今回は流行が始まって久しい、既に枯れた技術になりつつある「Dockerコンテナ」を触ってみたいと思います。

続きを読む

Amazon Echoを英語版から日本語版に切り替える

11月15日はAmazon Echoの日本語版発売日!

英語版で遊んでいた私にとって、日本語版スキルで遊べるようになるにはウキウキワクワクです。

しかし・・・日本語版を購入するには招待メールが必要で、いつまで待ってもメールが来ません。

ヤキモキしながらAlexaの管理ページを開いてみたら、違和感が・・・。

あれ?英語のページが日本語に!?

続きを読む

AWSでEC2のモニタリング専用アカウントを作る

こんにちは、ばっしーです。
10月も間もなく終わろうとしていますね。ランナー界隈には「オクトーバーラン」という言葉があり、10月は最もランニングの距離を伸ばすことができる月間だと言われています。
だがしかし!10月3日に風邪をひいてしまい、しかもそれが咳を伴う喉の風邪だったのと、仕事もそこそこ忙しかったのでまだ治らず、10月のランニング距離は0㎞で終わります。。。なんという屈辱。11月になったら帰宅ラン(新宿から埼玉某所まで30㎞弱)してやる。

さて、今回はとあるお客様からAWSで運用しているサーバのネットワークトラフィックを知る方法はないの?と質問を受けた際のお話です。
お客様の管理用IAMでもちろん見ることはできますが、あまり操作に慣れていないため、万が一操作を誤って何か変更を加えてしまうことを恐れて、閲覧専用のアカウントを作っていただきたいと依頼を頂いたのでした。
特に他の用途には用いないため、EC2の閲覧専用アカウントを作成することにしました。

手順は以下の通りです。

続きを読む

Office展開ツールではまった話

Office365のProPlus契約にしておけば、AWSでもDedicated Hostを選択すれば、クラウドでRemoteDesktop環境を使用できるため、普段は行わないOfficeのインストール作業も行う機会が出ててきました。

まぁDedicated Hostは元のインスタンス料金に、更に$2.00/時間がプラスされるため、月額に換算するとかなりの金額になってしまいます。しかし、それでもセキュリティや使い勝手の関係で、その金額を払ってでも使いたいというお客様が増えてきているんですね。

例えば、そのインスタンスを時間帯でON/OFFすれば、月額の金額も電源つけっぱなしに比較しておよそ1/2~1/3程度に減らすこともできるので、考えようによっては割と安く使えるDaaSインフラとも言えるのかもしれません。

さて、そんなProPlusをインストールするときには、通常のPCにインストールするインストーラー方式ではなく、Office展開ツールというコマンドラインツールを用いてインストールすることになっているのですが、それでハマりまくったので記録に残しておきたいと思います。

続きを読む

VyOSに定期的にお仕事させてみた

こんにちは。ばっしーです。

小学二年の娘にプログラミングの勉強をさせてみようかといろいろ調べて本を買ってみました。
ところが、小学校低学年生には少し難しいんですね。そのため、少し資料を継ぎ足してみたら、それを使って娘の友達に@「プログラミング講習会」をすることになってしまし、二回も開催してしまいました。

いわゆるビジュアルプログラミングのツールとしては、世界的に有名はScratchがあると思いますが、今回用いたものはMOON BLOCKという国産のものです。どうして世界標準ではなく、MOON BLOCKを選択したのかは、こちらの記事に共感したからです。

「小学生でもできる」とかよく使われる言葉ですが、小学生も1年生から6年生まで様々ですし、loopやifの概念をストレートに受け入れられない場合には進めるのが難しいと思ったためです。

結果的には、「なにかを理解する」という過程をほぼ全部すっ飛ばして、自分が選んだキャラを自分が好きなように動かして、自分のルールで世界を作ることに没頭してもらうことができたので、第一弾としてはそれでよかったのかなぁ、と思います。

それにしてもこのMOON BLOCK、JavaScriptのソースコードも見られるし、テレパシーという名前で通信機能も実装してるので、PCとスマホやタブレットを使って、大人も工作感覚で楽しめそうです。IoT的なマイコンデバイスとも接続できたら楽しそうですが、私自身JavaScriptがそれほど得意ではないので、その関連で記事を書くのはまだ早いようです。

と、いつも通り長い前置きになりましたが、VyOSに定期処理を実施させたいと思います。

続きを読む

Amazon Linuxでscreenfetch

米マイクロソフトの『開発者向け年次会議Build 2017』の基調講演を家で眺めていたら、Windows10上でUbuntu、SUSE、fedoraのコンソールを同時に開く様子がデモされていた。

そこではscreenfetchを使ってディストリビューションを表示していたのだけど、SUSEのアスキーアートが可愛くてクスッと来た。

そう云えばAmazon Linuxでscreenfetchを使ったらどう表記されるのだろう。

ちょっと気になったので実行してみた。

続きを読む