ノウハウ

【AWS】CloudWatchのメトリクスが見つからない?!

こんにちは、ばっしーです。

先日の連休は自宅の駐車場を改装するという土方仕事をしていたおかげで全身筋肉痛です。
今までは一面芝生にして芝生保護材というプラスチックの枠を入れていたのですが、それを剥がしてコンクリートの版を置いたのですが、板の重たいこと!!!1枚25㎏程度あるようです。それをホームセンターで軽トラを借りて2回に分けて20枚程度を自宅に運び、更に整地して高さをぴったりと合わせて設置するのはかなりの重労働でした・・・
(軽トラの積載量オーバーしていないか気になりますが…今調べたら350㎏まででしたので2回に分けて正解でした)

連休の3日間、少しずつ進めてようやく1/3程度終わらせることができましたが、まだまだ先が長そうです。

さて、AWSの監視にCloudWatchを使うこともあるかと思いますが、監視の設定を行う際に、目的のメトリクスが見つからない!という経験をしたことはありませんか?

続きを読む

SoftEtherVPNでL2TP/IPsecの複数接続をやってみた

夏はなぜか色々と忙しかったため、大変ご無沙汰のばっしーです。

最近はますますAliexpressの利用に拍車がかかっていて、妻が頻繁に娘の洋服のリンクをLINEで送ってきます。送ってこられてもその都度見るのは大変なので「勝手にカートに入れておいて」ということにしたら、今度は「カートの中にあるどれを買ったらいいのか?」という事態に陥っています。

デジタルガジェット好きには良く知られているAliexpressですが、子供服も西松屋の半額程度で2倍程度の価格帯のクォリティがあるので止まりません。送料もほとんど無料だし、消費税も不要(1万円以下は免税っぽい)だし、中国製をわざわざ日本で買う理由を探す方が難しいです。

他にも、某ドイツB社の車に乗っている旧友がいるのですが、中国でも販売が好調なのか、補修部品が超安価に入手できます。
車両コンピューターの診断機はAmazonより少し安い程度でしたが、パーツはディーラーよりも大幅に安い互換パーツ専門店と比較しても、更に1/4程度の価格になっていて、如何に日本の消費者が情弱でバカにされているかがよく分かります。
私の愛車も日本ではマイナーな某C社の車なのですが、エンジンはB社と共通なので補修部品を注文しました。汎用的なワイパーなども国内では買う気を無くす価格で手に入るので本当に重宝しています。

さて!
今回はOSSの仮想ルーター「SoftEtherVPN」を使ってちょっと実験をしてみました。
前提は以下の通りです。

外出先から社内リソースにアクセスしたいが、別の会社のリソースにも同時にアクセスしたい。という要望があったからです。

続きを読む

Amazon Connectで遊んでみた

つい先日、もう3週間ほど経つのですが、メチャクチャ酷いぎっくり腰をやってしまいました。西洋では『魔女の一撃』と言われるそうですが、まさにそんな感じでした。魔女狩りしなければ!
夜中の2時ころに、娘が泣いている声で目が覚めたのですが、ロフトベッド(こんなの)で嘔吐していました。とりあえず片付けようとトイレットペーパーで拭いていたのですが、紙を取って拭こうとして上を向いた瞬間!突然の腰の強烈な痛みにもんどりうってぶっ倒れてしまいました。
痛みがものすごく、20分ほどはは30秒~1分くらい毎に訪れる周期的な痛みに耐えきれず、「ああああああぁぁぁぁぁえええええぇぇぇぇぇぇ~~~~くぁwせdrftgyふじこふじこ!」と叫ぶ始末。その後も痛みのために微動だに出来ず、1時間程叫びつづけました。
この日は3月にしてはとても冷え込んでいて、外気温は0度ほど。娘のケアは妻に引き継いだので、とりあえずストーブをつけてもらって、毛布をかぶせてもらい、朝までそのままの姿勢で過ごすことになりました。朝までウトウトはしていましたが、寝れたのか寝れなかったのかよく分かりません…
問題は排泄でした。朝になって自分の身体の可動範囲を探りつつ、1時間ほどで何とか四足でトイレまで這って行くことが出来ることが分かったので、ギリギリで事なきを得ました。
ちなみに、その後は鍼灸(針)で人権を取り戻し、今はもう軽くランニングが出来る程度には回復しましたが、会社のデスクでは普通のイスに替わって背もたれの無い丸椅子で仕事をしています。これが腰が一番楽なんです。

皆さんも突然のぎっくり腰には気を付けてくださいね!

さて、今日はちょっと社内の会議で話題に上がったAmazon Connectをいじってみたいと思います。

続きを読む

AWSでDockerコンテナを起動してみた

今年は大雪に火山噴火、更にインフルエンザ大流行など、年始から一気に災いが襲っている日本列島ですが、ここまで一気に天変地異などが起きたりすると、なにかの呪いとか、あるいはモノノケの類にでも襲われているのではないかと思ってしまいますよね。そんな中、元気にスキーに行って一日中モーグルコースを滑り込んで、全身筋肉中になっているばっしーです。

さて、今回は流行が始まって久しい、既に枯れた技術になりつつある「Dockerコンテナ」を触ってみたいと思います。

続きを読む

Windows10 + Python3.6 + Scrapyの環境構築でハマったところ

こんにちは、おてらです。

近頃色々なことに手を出していて何に力を入れればいいのか分からなくなりつつあります。

しかしながらPythonの勉強は続けている訳ですが、最近「Pythonエンジニア ファーストブック」という本が出版されましたので購入して一通り読み進めているところです。

今回はこちらの本の4章でScrapyを利用してスクレイピングを行う場面があるのですが、そちらの環境構築でハマったポイントを記事にしておきます。

続きを読む

Amazon Echoを英語版から日本語版に切り替える

11月15日はAmazon Echoの日本語版発売日!

英語版で遊んでいた私にとって、日本語版スキルで遊べるようになるにはウキウキワクワクです。

しかし・・・日本語版を購入するには招待メールが必要で、いつまで待ってもメールが来ません。

ヤキモキしながらAlexaの管理ページを開いてみたら、違和感が・・・。

あれ?英語のページが日本語に!?

続きを読む

レガシー機器をなんでもIoT化してしまおう①

さて、IoTの自作を色々と 苦し 楽しんでいる昨今ですが、街で買うことができるIoT機器も色々と出回ってきましたよね。
その範囲はホームハックという分野とも密接しているような気がします。例えば、Wifiを内蔵していてIP経由で色や明るさを変えることができる電球型LEDや、外出先から操作できるエアコン、もしくは各社のエアコン対応のリモコン。
当たり前ですが、これらの製品は初めからIoTに対応しているか、もしくはエアコンの様にリモコンに対応しており、それを遠隔で操作するというたぐいのものに限られます。

例:スマホで遠隔操作可能なマルチリモコン(Xiaomi Mi Universal Smart Remote Controller $18.22

しかし!
元々IoT対応ではないし、赤外線リモコンなんてないモノも、なんでもIoTしてしまいたくなりませんか?なりますよね~。

そこで、簡単にレガシー機器に取付けることでカンタンにIoT化してしまうキットを作成してみたいと思います。
コンセプトは「どんな機器にもポン付け!IoT化キット」

今回の主役、使用するものは以下です。
・Lolin ESP32(ESP-32)
・フォトカプラ
・Blynk(アプリケーション)

続きを読む

Office展開ツールではまった話

Office365のProPlus契約にしておけば、AWSでもDedicated Hostを選択すれば、クラウドでRemoteDesktop環境を使用できるため、普段は行わないOfficeのインストール作業も行う機会が出ててきました。

まぁDedicated Hostは元のインスタンス料金に、更に$2.00/時間がプラスされるため、月額に換算するとかなりの金額になってしまいます。しかし、それでもセキュリティや使い勝手の関係で、その金額を払ってでも使いたいというお客様が増えてきているんですね。

例えば、そのインスタンスを時間帯でON/OFFすれば、月額の金額も電源つけっぱなしに比較しておよそ1/2~1/3程度に減らすこともできるので、考えようによっては割と安く使えるDaaSインフラとも言えるのかもしれません。

さて、そんなProPlusをインストールするときには、通常のPCにインストールするインストーラー方式ではなく、Office展開ツールというコマンドラインツールを用いてインストールすることになっているのですが、それでハマりまくったので記録に残しておきたいと思います。

続きを読む