VyOS

VyOSに定期的にお仕事させてみた

こんにちは。ばっしーです。

小学二年の娘にプログラミングの勉強をさせてみようかといろいろ調べて本を買ってみました。
ところが、小学校低学年生には少し難しいんですね。そのため、少し資料を継ぎ足してみたら、それを使って娘の友達に@「プログラミング講習会」をすることになってしまし、二回も開催してしまいました。

いわゆるビジュアルプログラミングのツールとしては、世界的に有名はScratchがあると思いますが、今回用いたものはMOON BLOCKという国産のものです。どうして世界標準ではなく、MOON BLOCKを選択したのかは、こちらの記事に共感したからです。

「小学生でもできる」とかよく使われる言葉ですが、小学生も1年生から6年生まで様々ですし、loopやifの概念をストレートに受け入れられない場合には進めるのが難しいと思ったためです。

結果的には、「なにかを理解する」という過程をほぼ全部すっ飛ばして、自分が選んだキャラを自分が好きなように動かして、自分のルールで世界を作ることに没頭してもらうことができたので、第一弾としてはそれでよかったのかなぁ、と思います。

それにしてもこのMOON BLOCK、JavaScriptのソースコードも見られるし、テレパシーという名前で通信機能も実装してるので、PCとスマホやタブレットを使って、大人も工作感覚で楽しめそうです。IoT的なマイコンデバイスとも接続できたら楽しそうですが、私自身JavaScriptがそれほど得意ではないので、その関連で記事を書くのはまだ早いようです。

と、いつも通り長い前置きになりましたが、VyOSに定期処理を実施させたいと思います。

続きを読む

VyOS Users Meeting Japan #3お疲れ様でした

こんにちは。週末はマインクラフトにはまってる娘と一緒に遊んでいるばっしーです。

私も年末に始めたばかりなのでほとんど知識もないのですが、やっと自動収穫システムにホッパーとチェストを組合わせることが出来て喜んでいます。

年末に寝込んでいた時には、ひたすら地下深くを掘りまくって集めた金と鉄を、目を離した隙に娘がどこかへやってしまって、本人もわからないと言っているのがちょっと悲しいですが、また集めればいいだけですね。

それはともかく、村人の近くにマグマを置いて火をつけるのはやめようか。。。おまけに自分も燃えてるしw

VyOS Users Meeting Japan #3

さて、年が明けて1/11に、『VyOS Users Meeting Japan #3』を開催しましたので、レポートというか振り返りをしてみたいと思います。

続きを読む

AWS上に構築したSoftEtherの設定方法

どーも。ちょっと風邪気味のばっしーです。

11/27(土)に開催された第二回IoTツアーズも風邪気味の中なんとか形になって発表できましたが、そもそも私が風邪気味の頭で考えた企画がイマイチだった気がしてきました…反省。

風邪対策のためにいつも鼻うがいを欠かさずしているのですが、やっぱり寒くなったからか、それでも風邪ひく時にはひいてしまいますね。風邪をひいてしまっては仕方がないので、おとなしく寝て直すしかありません。風邪に効く薬は世の中には存在しませんからね。

さて、先日のエントリーに書いたVyOSにSoftEtherを載せてしまう件ですが、パイロットユーザーのお客様に納品するために検証していて色々気づいたことがあるので記事にしてみます。

続きを読む