数字で見る広島東洋カープ優勝のあれこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、生まれも育ちも広島県、一人暮らしするまでは毎月お好み焼きを食べていました、おてらです。

 

とりあえず一言言わせてください。

 

 

\25年ぶりのリーグ優勝おめでとう!!!/

 

どんだけ待たせるんだよ!というカープファンの心の声はさておき、一広島出身の人間として、小さな頃から応援していたカープが優勝してくれたのは本当に嬉しく思います!!

黒田投手と新井選手が泣きながら抱き合ったシーンで私も家で1人号泣していました。

 

今回は私の生まれ育った街の球団、広島東洋カープに関する色々な数字を見てみましょう!

 

リーグ優勝が25年ぶり

最もインパクトの強い数字はやはりこれでしょう。25年ですよ25年。四半世紀。

2016年現在、私の年齢は27歳ですが25年前というと2歳です。平均身長85cmの頃です。平均体重11kgの頃です。

みなさんも25年前の自分を思い出してみてください。多分お母さんのお腹の中にすらいなかった人も多いことでしょう。

 

せっかくなので25年前を振り返ってみたいと思います。

SMAPがデビュー

ちょっと触れてはいけない話題かも知れませんが、25年前の9月9日、国民的アイドルグループSMAPがデビューした日なのであります。

つまりカープはSMAPがデビューした年と解散する年に優勝したことになります。何か因縁めいたものがあるのでしょうか…?

 

まさか…?(意味深)

 

小田和正さんの「ラブ・ストーリーは突然に」が大ヒット

東京ラブ・ストーリーの主題歌としておなじみのこの曲ですが、25年も前の曲だったんですね。今でもたまにテレビで流れているのでそんなに前の曲というイメージがない、というかもうそんなに月日が流れたのか感の方がやばいです。

 

槙原敬之さんの「どんなときも。」が大ヒット

またしても音楽ですが、超有名なあの曲が生まれたのも25年前でした。

どんなときも僕たちはカープを応援し続けてきました…(;_;)

 

ソニック・ザ・ヘッジホッグが生まれた年

SEGAを代表するキャラクターであるソニック・ザ・ヘッジホッグが生まれたもの25年前でした!

小さいころ、従兄弟の家でソニックのゲームを遊んだのが懐かしい…!

ソニックも言ってみれば私と同世代だったんですね~。

 

Linuxが生まれた年

1991年8月25日、当時ヘルシンキ大学の大学院生だったリーナス・トーバルズ氏がLinuxをリリースしました。

何とLinuxが生まれたのも25年前だったのですね。

ちなみにLinuxのイメージキャラクターはタックスという名前のペンギンですが、これはLinuxの生みの親のリーナス・トーバルズ氏がペンギンが好きだったことからペンギンになったのだとか。

つまりこのペンギン(Tux)とソニックは同い年…?

 

今や世界のコンピューティング技術にLinuxは欠かせない存在になっています。カープもそんな存在になってほしいですね。いや、失礼、もう既になっていますね!!

 

 

 

25年前、恐ろしいですね。そりゃ私も大人になって就職してブログも書くわけだ…。

さて、続いて別の数字を見ていきましょう。

 

優勝を決めた試合の視聴率、広島で瞬間71.0%

hiroshima

私はいまだかつて視聴率の数字で71.0%という数字を見たことがありません。

平均視聴率でさえ60.3%というとんでもない数字を叩き出しています。

 

広島県の人口は284.7万人だそうです。

瞬間最高視聴率が71.0%ということは202.1万人がその瞬間テレビを見ていたということになります!

昨年の10月1日時点での岡山県の総人口が192.2万人なので、全岡山県民以上の人数がカープの試合を見ていたということになります。

平均視聴率60.3%で計算してみても、平均して171.3万人の広島県民がカープの試合を見守っていたことになります。

 

広島カープという球団がいかに地元のみんなに愛されているかが分かりますね。私、これを書いてて涙が出そうです。

破竹の11連勝

セ・パ交流戦後半、6月14日の西武戦から6月29日のヤクルト戦まで勝ち続け、11連勝を叩き出しました。これは32年ぶりの快挙とあって前回優勝よりも更に前の記録となります。

確かに11連勝もすごいのですが、今年のカープは4連勝以上勝ち続けたゲームが7回もあるんです。

2位巨人の場合、4連勝以上勝ち続けたのは5回、最大で7連勝止まりでした。

そういったところからもいかにカープが勝ちまくっているかが分かるかと思います。

 

驚異の逆転勝ち数

今年のカープは確かに強く、2016年9月13日午前中現在で132試合を消化し、82勝48敗2分けという成績です。

82勝のうち、丁度半分の実に41勝が相手チームに先制されてからの逆転勝利なのです!しかも、優勝を決めた9月10日の試合も初回に巨人に先制されてからの鮮やかな逆転勝利だったのです。

しかも41回の逆転勝ちの内、9回サヨナラ勝ちです!

 

つまり負けそうな試合でも最後まで諦めない粘りの野球、優勝にかけるチームの想いが逆転に逆転を呼び、今日までの成績に繋がっていると言えます。

 

その他記録のオンパレード

新井貴浩選手、2000本安打達成

arai

シーズン開幕すぐの4月26日、新井選手が通算2000本安打を達成しました。

ちなみにこの日、エルドレッド選手、鈴木選手、堂林選手が3者連続ホームランを放っています。

 

黒田博樹選手、日米通算200勝を達成

kuroda

7月23日、黒田選手が日米通算200勝を達成!

メジャーでチームメイトだったイチロー選手からは、イチロー選手がピート・ローズ氏の持つ通算安打のメジャー記録を上回った際の一幕をもじって「日米合算なんてオレは認めない!おめでとう!」とユーモア溢れる祝福のコメントが寄せられました。

日本単独で200勝目指して欲しいですね!

 

球団35年ぶりの3試合連続9得点以上達成

4月29日~5月1日のvs中日3連戦において、3試合連続で9得点以上を記録。

今年のカープ打線が覚醒したきっかけのような大記録です。

 

セ・リーグ20勝、30勝、40勝、50勝、60勝一番乗り

6月5日にソフトバンクに勝利を収めてセ・リーグ30勝一番乗りを果たすと同時に首位を奪還したカープ。

何とそこからただの一度も他球団に首位の座を渡すことなく優勝してしまったのです!!

2位巨人に4.5ゲーム差まで縮められた時期はありましたが、最後までその座を守り抜き優勝を果たしたということはとても素晴らしいですね。

 

球団初80勝到達

年間140試合以上も行う長いペナントレースにおいて、優勝の1つの目安とされるのがこの80勝という数字。

2012年~2014年の3年間は巨人が80勝超えでリーグ優勝を果たしました。

カープがペナントレースで最も勝利を挙げたのは、カープが最後に日本一になった1984年の75勝です。今から32年も前です。

その記録を大幅に塗り替えて現在82勝、まだまだ記録を更新してそのままの勢いで32年ぶりの日本一を掴み取って欲しいと思います!

 

終わりに

ギークナビ的な要素が全くない、完全におてら個人のブログ記事になってしまいましたがそんなの関係ない。

何てったって25年ぶりにカープが優勝したのだから。私にはカープファンを増やす義務があるのだ。

 

とはいえ、野球の歴史はとても長く、見ている人を感動させてくれる素晴らしいスポーツです。

試合に勝った負けたで一喜一憂するだけでなく、こういった各球団・選手の数字に着目してみるとまた違った一面から野球を楽しむことが出来ます!

 

「野球はルールが分からないからちょっと…」と敬遠しがちなそこのあなた、とりあえずカープ戦を観に球場に行ってみて下さい。

ルールなんて分からなくてもその場の雰囲気だけで十分楽しめます。それで少しでも野球に興味を持ってくれたのなら、そこからルールを学んでいけばいいだけの話です。

 

この記事を最後まで読んでくれた方、これであなたも立派なカープファンです!!

slyly

ワッショイワッショイ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 2016.4.26の新井さん より:

    今年のカープに関するデータを調べていて、このサイトにたどり着きました。
    簡潔明瞭にまとめられており、とてもわかりやすい内容でした。
    ありがとうございます。
    私も広島在住カープファン。
    よろしくどうぞ。
    (八丁堀カープグッズショップの人形が菊池選手になってましたね
    個人的にはズムスタグッズショップの菊池選手人形が好きです)

    1. おてら より:

      2016.4.26の新井さん
      コメントありがとうございます!
      お褒めの言葉をいただき感激です!

      私は今東京在住でなかなか広島の街の状況は分かりませんので羨ましい限りです。
      先日の優勝報告会で初めてズムスタに行ったくらいなもので^^;

      菊池選手の人形、特長を捉えててとても素敵ですよね(^o^)

      またカープの記事を書くことがあれば是非読んでください!

コメントを残す