ダッシュボタンで修羅場になりかけた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazon Dash Buttonをハック目的で購入し、一回注文して500円分元を取った後、放置完了。

数ヶ月の熟成期間を経て、いじってみました。

ダッシュボタンの登録方法とか、細かい事は適当にググってください。
※スマホアプリ上で商品選択前にキャンセルすると、発注されないただのIoTボタンになります

ダッシュボタンを押すと、大体こんな感じの動作をします。

①起動
②登録されたWiFiに繋ぐ
③DHCPからIPアドレスを取得
④インターネットに接続
⑤Amazonとダッシュボタンが紐付いてる商品を発注

 

この③の時、ダッシュボタンはDHCPサーバーを探すためにDHCPディスカバーというメッセージをブロードキャストで送信します。
同じネットワーク上の機器すべてにDHCPディスカバーのメッセージが飛んでくる為、これを拾いあげます。

 

まずはダッシュボタンと同一ネットワークに参加し、tcpdump等でダッシュボタンのMACアドレスを確認します。
そしてiptablesでダッシュボタンのMACアドレスから通信が来たらログに残すようにします。
最後に、そのログが吐いたら何かを実行させます。
ラズパイでやる方が多いですね。

かくいう私もラズパイでね。


 

その「何か」は、Linuxコマンドで出来る事は何でもできます。

別のamazonの商品を買ったり、ピザを注文したり、slackにメッセージ飛ばしたり、AWSのインスタンスを自動で作成したり・・・等々。

で、私はとりあえずで

嫁に「今から帰ります」メールを送る

というバッチを作りました。

 

 


-自宅にて-

嫁「このメールなに?」

俺「社内から出る時、ボタンを押すとメールを飛ばすようにした」

嫁「普通に送ってよ」

俺「まあまあ」

 

-数日後の朝-

俺「今日は五反田で研修だから遅くなるね」

嫁「はーい」

 

-昼-

同僚「お、ダッシュボタンが置いてある。これ押したら発注されるのかなー、押しちゃえ!」

ポチッ

 

-夜-

嫁「今日は五反田じゃなかったの?どこにいたの?会社にいたんでしょ?なんで嘘つく必要があるの?」

俺「まてまてまて落ち着け落ち着け」

 

 

教訓

『人間はボタンを見ると押したくなる』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す