おいしいイチゴジャム「IchigoJam」 Part1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

最近、IoTとか盛り上がっていて、うちのチームでもラズパイをイジリ倒していたり楽しそうなことをやっています。
ところが私はというと「Linuxちょっと苦手だなー」とか、「IoTわけわからんー」とか思いつつ、アイデアと口を出すばかりで何もやっていませんw

だが、それじゃいかん!!!
と思って、一念発起しましたよ!

IchigoJamを買ってみた

先日のクラウドExpo2016でIDCフロンティア様のブースで出展されていた、ワンチップマイコン「IchigoJam」をその場で開発者兼社長の福野さんに「売り物じゃないんだけど・・・」とおっしゃられていましたが、「やばい!これは面白い!これください!」と無理を言って、「一台だけですよぉ」と売っていただきました。

(その後、がせに電話したら「俺も俺も漏れも!」ということで結局もう一台売っていただいてしまいました。ありがとうございます!)

この「IchigoJam」、IoTとしても使えますが、モノは子供向けのプログラミング学習用マイコンともいえるモノ。

私もアラフォー親父。N88BASICをイジリ倒した、昔取った杵柄ということで楽しみです!!!

早速作ってみましょう!

購入したのは1500円(+税)の半完成キット。はんだ付けは丁寧に写真撮りながらでも30分程度で終わります。

道具を揃えて

IMG_0339

開封の儀!

IMG_0340

取説というか組立説明書

IMG_0341

パーツ一覧
IMG_0342

まずは抵抗

IMG_0343

できたー@抵抗だけ

IMG_0344

セラミックコンデンサ

IMG_0345

できた-@セラコン

IMG_0346IMG_0347

LEDとボタン(タクトスイッチ)

IMG_0348

できたー

IMG_0349IMG_0350

コネクタ。ちょっとまがった(ノД;)

IMG_0351

完成~

IMG_0352

はい!動きました~!!!

IMG_0353
液晶は家にあった、1年以上前に秋月で買ったパチンコ台液晶。

解像度低すぎて、「8」と「0」が見分けつかなかったりするので、なんとかしなきゃダメそうだなぁ。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す