ハッカソンのお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今更ですが・・・3月に開催したIDCフロンティア様主催のサバフェスに参加しました。

趣旨はシングルボードコンピュータ等のデバイスを使用し、IDCF Cloudで作成したサーバと連携すること。

テーマとして「健康」が取り上げられています。

決まった日程で作り上げ、他の参加者の前でプレゼンをし、優劣を競い合います。

 

DSC_5061

デスマーチの時期に開催する方も参加する方も正気の沙汰とは思えない。 みんな楽しそう!

 

仕事の合間にやるとなると、どうしても仕事が優先になってしまい、何を作るのかもなかなか決まらない始末。

結局出来上がったのがこれ。

DSC_5067

「「「なんかショボーーーい」」」

 

ほっといて。

 

ラズパイに心拍センサーを繋いで、クラウドに心拍数の数値を投げ、データをクラウド上で処理して・・・

ってやりたかったけど時間が足りず、ラズパイに色々やらせちゃいました。

 

[心拍センサー]—[ADコンバータ]—[ラズパイ]—[3G回線]—[IDCFクラウド]

超詳細な構成図きた!!

 

ラズパイはデジタル信号しか扱えず、心拍センサーはアナログ信号の為、アナログデジタルコンバータを間に挟んでます。

心拍センサーの信号をラズパイで数値化し、一定の数値を超えるとL-08C(ドコモのUSBデータ通信カード)経由で

IDCFクラウド上のサーバに指令を出し、サーバから”心拍数がやばい!!”という文面のメールが飛びます。

 

何に使うかというと・・・じーちゃんばーちゃんの死活監視とか。

 

おっけー、次がんばる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す