第二回アキハバラIoTツアーズ(がせ編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私が所属する会社が主催のイベント、『アキハバラIoTツアーズ』の第二回に参加しました。

前回より参加人数が倍近く増え、とても楽しい催しとなりました!

 

今回はテーマが設定され、そのテーマとは『漢のIoT!』でした。

漢っぽくなかったらレギュレーション違反で失格です!

 

2016年はVR元年

我々はついに、理想郷(二次元)に辿り着いたのだ。

やったーーーー!!

 

しかしながら、我々はこのクソゲー(三次元)の中で生きているわけで・・・。

二次元のキャラクターがこっちの世界に来てくれたら・・・。

 

例えば!

ゲームの中でヒロインのキャラクターが何かをすると、現実世界で何かが起きる!

つまりそれは、二次元のキャラクターが、三次元で何かをしてくれたと同等!!

 

ゲーム画面でキャラクターが何かをしたら、手元のLEDが光る。

とりあえずはこれで良いよね。

良いよね? 良いね!?

はい。

 

 

ラズパイのMinecraftでなんかできそうだなーって探してたら・・・

やっぱりあった!

 

ラズパイじゃないけど、MinecraftでスイッチをON/OFFしたら電子回路を動かせるってのがあった。

 

【参考ページ】

 

Minecraftと現実世界をボードコンピューターで接続してみよう!

マインクラフトで始めるIoT! PHPとArduinoでゲームの世界を監視してみた

マインクラフトが現実を動かす!『Minecraft』のスイッチで現実世界のLEDを点灯させてみた

 

 

マイクラを3000円でポチってお買い上げ。

お小遣いが・・・。

 

という事で電子回路はお金を使わずに流用しましょう。

前回のIoTツアーズでも使ったWio Node!

安いし簡単だしで大好き!

 

まずはマイクラ側のJAVAを書いて・・・

 

 

WioNode側のJAVAを書いて・・・

 

マイクラのMODを設定して・・・

 

こんな感じで接続。

 

スイッチを・・・

 

ONにすると!

 

OFF

ON  

 

これをLEDではなくて、ブザーに変えれば音が鳴るし、バイブに変えれば震えだす。

更には!

赤外線送信モジュールにすればリモコン操作もできるし、リレーモジュールで家庭用電源も操作できる!

 

 

で、どこらへんが『漢のIoT』だったのかというと・・・

デモで使ったマイクラのキャラクターが全裸でした、っていうオチでした。

(※発表時にうまく動作せず、オチまで見せず仕舞い・・・)

 

 

こういうのが商品化されてきたら、家の中に常駐する女の子キャラクターがAIで動き、

帰宅時間を見計らって部屋の暖房をONにしてくれたり、お風呂沸かしてくれたり、

あれやこれやをしてくれて・・・・なんて日も遠くないな、でゅふふ。

 

 

最後には複数キャラクターに手を出して修羅場になり、ガスコンロの火が勝手に付いて家が!

なーんて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す