第3回アキハバラIoTツアーズ@がせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

第3回アキハバラIoTツアーズに参加された皆様、大変お疲れ様でした!

第1回と第2回はGeeknaviのメンバー+おつきあいのある方々でやっておりましたが、

今回ははじめて「Connpass」で一般の参加者を募らせて頂きました。

会場も手狭なところではなく、DMM.make AKIBAで開催!

施設の見学会などもあり、いつもより刺激の多い内容となりました。

 

 

時は遡る事開催日前日。

おてら・がせ 「「やべー、IoTツアーズの準備何もできてねぇ!」」

おてら・がせ 「「奇遇だね!」」

おてら・がせ ((こいつに任せておけばなんとかなるだろ・・・))

というわけで、何も準備をしていない二人が急遽チームを組むことに。

 

 

今年の冬、心配性の奥さんから「寒いと文鳥が可愛そう、なんとかして!」と言われ、

WioNodeと温度センサー、IFTTT、LINE Notifyの組み合わせで

『温度が15度を下回るとLINEが鳴りまくる』というものを作ったのですが、

心配性の奥さんは、寝る前と家を出る前に電源コードを抜いてまわる習性があり、

この装置も電源を抜かれて見事に稼働しませんでした。

今回は、その装置を再利用しようと思います。


無事に生きてます 😀 

 

さて、今回のテーマは「健康」です。

色々考えました。

色々考えてたら眠くなっちゃいました。

枕が欲しいところです。

睡眠をとらないと健康によくない・・・。

 


 

①ラズパイのカメラで定期的に顔を撮影

②s3fsでAWS s3に画像を転送

③Amazon Rekognitionで顔認識

④眠そうと判断したらAPI Gatewayにキック

⑤Wio NodeのAPIにPost

⑥サーボモータが稼働(0度→90度)

⑦トリガーが外れて枕射出

 

そう、枕射出機!

寝たければ寝ていいんだわぁい!

 

 

そして開催当日。

おてら 「あれー? S3にアップした画像ファイルがオブジェクトになっちゃう?」

がせ 「あれー? カタパルトは動くけど、枕を飛ばす力が無い・・・」

 

おてら・がせ 「「あれーーー?」」

 

 

結果、発表会時にガヤとして盛り上げを担当。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す