アライドL3のパスワードリカバリでハマった件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アライドテレシスのL3スイッチ(x510)のパスワードリカバリにハマったので記事にします。

ドMなので鼻で笑って頂けると悦びます。

パスワードリカバリ手順

ブレイク信号の送信

Bootloader 2.0.25 loaded
Press <Ctrl+B> for the Boot Menu

スイッチをコンソールで繋ぎ、ターミナルソフトを起動したらスイッチの電源を入れます。

電源を入れたらすぐに”Ctrl+B”を押してください。

1秒ぐらいでブートしてしまうので、連打しながら電源入れた方がいいかもです。

 

Boot Menu

Boot Menu:

------------------------------------------------------
B. Boot backup software
------------------------------------------------------
0. Restart
1. Perform one-off boot from alternate source
2. Change the default boot source (for advanced users)
3. Update Bootloader
4. Adjust the console baud rate
5. Special boot options
6. System information
7. Restore Bootloader factory settings
------------------------------------------------------
9. Quit and continue booting

Enter selection ==> 5

“5”を押してください。

 

Special boot options menu

Special boot options menu:

0. Return to previous menu
------------------------------------------------------
1. Skip startup script (Use system defaults)

Enter selection ==> 1

工場出荷時のConfigで起動したいので”1″を押します。

 

起動

Option successfully set. Press 0 then 9 to boot with the default configuration
Or boot the system from an alternate source.

Special boot options menu:

0. Return to previous menu
------------------------------------------------------
1. Skip startup script (Use system defaults)

Enter selection ==> 0

“0”を押してトップメニューに戻り

Boot Menu:

------------------------------------------------------
B. Boot backup software
------------------------------------------------------
0. Restart
1. Perform one-off boot from alternate source
2. Change the default boot source (for advanced users)
3. Update Bootloader
4. Adjust the console baud rate
5. Special boot options
6. System information
7. Restore Bootloader factory settings
------------------------------------------------------
9. Quit and continue booting

Enter selection ==> 9
Reading filesystem...

“9”を押して起動します。

 

設定

起動した後はデフォルトのmanager/friendでログインして、startup-configからconfig抜き出してパスワード設定しなおします。

設定後に保存してリブートすれば、ほーら元通り。

idc-core-01 login: manager
Password:
Login incorrect

 

あれ・・・?

またパスワード弾かれる・・・。

 

落とし穴

コピーできない

ciscoライクだからcopyコマンドでstartup-configからrunning-configにコピーできると思ったら

runnning-config⇒startup-configは良くても逆はできなかった。

しょうがないのでshow startup-configでConfigを抜き出してパスワードを修正して流しこみ。

 

パスワードは気をつけて

username manager privilege 15 password 8 $1$XbefEb43$6q2P11ehWSmUbN/cM0JPS.

となっているところを

username manager privilege 15 password 8 passwd

と変更して流し込みましたが・・・

“password 8″の後は暗号済みのパスワードを入力しなければいけないので

「passwd」というパスワードは暗号化されている事になっちゃいます。

それに気付かず、数分頭を抱えてしまいました。

ここは username manager password passwd で大丈夫。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す